山口県岩国市尾津町2丁目18-3

TEL:0827-31-0151

完全予約制

 

岩国市 一般歯科、審美歯科・ホワイトニング、インプラントならながはま歯科クリニック

メラニン沈着除去

自信を持てる美しい口元へ

清潔な環境と安全な治療を皆さまへ

笑顔は口元から

ブログ ながはまニュース

ながはま歯科クリニックFacebook公式ページ

ながはま歯科クリニックFacebook公式ページ

クレジットカードでのお支払い可能
クレジットカードでのお支払い可能

HOME»  メラニン沈着除去

メラニン沈着除去について

メラニン除去治療(歯肉メラニン色素沈着除去法)

歯肉が黒ずむ最も多くの理由は、メラニン色素の沈着によるものです。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様にタバコなどの刺激から守るために、メラニン色素が作られて黒くなります。メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているため、薬品を塗布する歯肉ホワイトニングで簡単にピンク色の歯肉を取戻すことができます。

症例

  • Before
  • After

歯肉の変色について

歯肉の変色にはいくつかの原因があり、歯肉ホワイトニングで改善するものと、それ以外のものがあります。
まずはお口の中の検査を受けて、ご自身の歯肉の変色の原因についてご理解ください。

・歯肉が全体的に黒ずんでいる。
メラニン色素の沈着によるものですので、歯肉ホワイトニングで改善することができます。
黒ずみの原因は、喫煙(受動喫煙を含む)などの刺激、歯ブラシの強すぎる摩擦、口呼吸、などがあります。

・歯肉が部分的に赤色や赤紫色になって腫れている。
歯周病によるものなので、歯周病の治療が必要です。

・差し歯の根元の歯肉が黒くなっている。
差し歯の中の金属の影響で黒くなっているので、差し歯をセラミック製に替えることで改善します。
メラニン色素の原因の第一が喫煙です!

日焼けしたときに皮膚が黒くなるのは、紫外線の害から守るためにメラニン色素が作られるから。同じように、タバコを吸うと、ニコチンやタールなどの有害物質から歯肉を守るためにメラニン色素が作られ、歯肉が黒ずむ(歯肉メラニン色素沈着)といわれています。

また、タールが歯肉に付着したり、歯肉の血流が悪化することも、歯肉の色の変化に影響を及ぼします。

煙による歯肉の黒ずみ(歯肉メラニン色素沈着)を改善するには、まず、禁煙することが大切です。
時間はかかりますが、少しずつ本来の歯肉の色に戻っていきます。

メラニン除去治療の効果、注意事項について

ホワイトニングの効果には個人差がありますが、ほとんどの方は色素沈着部分が薄くなったり消失するなどの効果が見られます。ごく稀にほとんど変化のない方もいらっしゃいますし、同じ患者様であっても、歯肉の部位により異なった色の変化をすることがございます。これらの色の変化につきましては予測が出来ませんので、利点・欠点をご理解いただいた上でご判断ください。
メラニン除去の際、薬液により歯肉の色が白くなります。しかし、3~7日程で歯肉の皮がむけ、歯肉の色に戻るのでご安心ください。
また患者様によってはホワイトニングの薬液により歯肉に潰瘍が出来てしまい、痛みが生じる場合がございます。痛みや歯肉への影響の度合いについては個人差があり、事前に予測ができません。事前に担当の歯科医師から説明を受け、リスクについてご了解の上でご判断ください。

PAGE TOP