山口県岩国市尾津町2丁目18-3

TEL:0827-31-0151

完全予約制

 

岩国市 一般歯科、審美歯科・ホワイトニング、インプラントならながはま歯科クリニック

一般歯科

自信を持てる美しい口元へ

清潔な環境と安全な治療を皆さまへ

笑顔は口元から

ブログ ながはまニュース

ながはま歯科クリニックFacebook公式ページ

ながはま歯科クリニックFacebook公式ページ

HOME»  一般歯科

むし歯の進行

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合わせの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

C4

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

歯周病

こんな症状はありませんか?

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。むし歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、むし歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりがあるとも言われています。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

入れ歯

「見た目を気にせず大きな口を開けて笑うことができる」「好きなものが美味しく食べられる」ような、痛くなく、安定してよく噛める快適な義歯を患者様にご提供できるよう、努力しております。
「義歯は完成したときがスタートラインである」と言われています。義歯が合わない原因の多くは完成後の調整が適切かつ十分に行われていない事によるものです。義歯はお口の中で調整を重ねながら熟成させていくものなのです。私たちは患者様と二人三脚で、お作りした義歯が患者様の「身体の一部」になるまで、入念に調整をさせて頂きます。
バネの見えない入れ歯、柔らかい材料により噛んでも痛くない入れ歯、違和感が少ない金属の入れ歯等色々な方法があります。よくある義歯のトラブルを解決し、患者様にぴったり合う義歯をご提供しております。

口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は骨に埋まっている歯の状態によって簡単なものもあれば、外科的な処置を必要とする難しいものまで様々な状態で存在しますが、当院ではどちらの抜歯も対応します。
(症例によっては大学病院を紹介させて頂くこともあります。)

当院には歯科用CTがありますので、レントゲン写真上で抜歯困難と思われる場合や神経に近いと思われる場合などは予めCT撮影を行い、安全を確認してから処置が可能となっています。

当ページの画像及び動画は「デンタルフラッシュ」提供の素材です。無断で複製することはできません。
PAGE TOP